2005年11月28日

モグラ隊、発進!

20051128.jpg

この数日暖かい日が続き、紅葉もストップしたまま。
今の状態で冬囲いをするべきか、
もう少し様子をみるか 毎日観察しては悩んでます。

そんな中、冬の足跡は確実に偲びよって来てはいます。
モグラが活発に動きはじめました。
これから春まで園内一面にエサを求めて歩き周り、
木の根元の土が盛り上がってしまいます。

しかし、モグラはバーク内の害虫の駆除、
ほどよい通気の確保を促してくれてます。
木の根にもほとんど害が及びません。

実は心強い味方なのです!


ランキング参加中!応援よろしくです♪
posted by カワサン at 12:09| Comment(3) | TrackBack(0) | 作業日誌(2005年) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
モグラでなんとなく思ったのが、「田んぼの除草用にアヒルを泳がせておく」ということでした。ちょっと似ている気がいたします。
生物農薬に近いのかもしれませんね。
自宅でストロベリーを栽培したことがあって、その時はアブラムシの発生にだいぶ悩まされましたが、子供たちと公園でテントウムシをたくさん取ってきて放したところ、すぐに全滅しました。

生物農薬って馬鹿に出来ないと思った次第です。
Posted by ふう at 2006年02月01日 13:10
生物農薬、心地よい響きですね!
化学肥料と農薬を一切使用しない栽培により
「安全で美味しいブルーベリーを」が当園のモットーですので 
「生物農薬」我が意を得たりです 
心強く感じるコメントありがとうございます。


Posted by カワサン at 2006年02月01日 13:12
生物農薬、心地よい響きですね!
化学肥料と農薬を一切使用しない栽培により
「安全で美味しいブルーベリーを」が我が園のモットーですので 
「生物農薬」我が意を得たりです 
心強く感じるコメントありがとうございます。


Posted by カワサン at 2006年02月01日 13:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12593652

この記事へのトラックバック