2006年10月03日

9月の作業

t018-1.jpg

本年度のチップ敷き込み作業は一層しか蒔いてないので、

昨年5月に定植した
パトリオット・ブルークロップ・トロ・シエラ・デューク・ハリソン

今年5月に定植した
スパルタン・ダロウ・ブルークロップ

の2層目のチップ敷きを行いました。


ランキング参加中!応援よろしくです♪
posted by カワサン at 15:13| Comment(6) | TrackBack(0) | 作業日誌(2006年) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すごいですね〜 これだけチップ敷きこみ出来るのは
カワサンだけかも
Posted by 居残り at 2006年10月03日 22:08
お疲れ様です。

チップの敷きこみですか!

大変な作業なんでしょうね^^

どう言う意味があるのですか?
Posted by 山ちゃん at 2006年10月04日 00:18
>居残りさん
専業ですから (笑)
今年は(第2圃場の一部)ここだけの予定です
初年度に植えた樹の根がすでに露出し始めているので
来年はこの数倍のチップを蒔く予定です

>山ちゃんさん
私的にはこの作業が一番楽しいんです
無我の境地でただひたすら作業できるから

>どう言う意味があるのですか?

ブルーベリーの特徴は
非常に根が細く繊維根といわれ地中に伸びるよりは上部に根が出てきます
その根が直射日光に当ると生育が悪くなります
又水分を好みますが常にじめじめしていると根腐れを起こします
もう一つ 肥料には非常に敏感で肥料過多は命取りになってしまいます
これらを克服する為に様々な方法で栽培されていますが

自然と生きていきたいという思いでブルーベリを選択しましたので 
化学肥料を使わず木材チップだけで育てる方法を取っています
Posted by カワサン at 2006年10月04日 07:07
東京だとこのチップが手に入らないのですよね。
自宅の花壇をブルーベリーに更新しようかと
思ってるのですが、マルチを何にしようか?悩んで
います。鉢植えにはココキューブ使っていますが
購入していてパフォーマンスが悪くて困りものです。
街路樹剪定してるときに植木屋さんがその場で、剪定枝を
チップにしてるのを見たことあるのですが、
最近見なくて・・・今度、大きな植木屋さんに聞いてみるつもりです。
だからカワサンは大量に使えていいですね。
Posted by 居残り at 2006年10月05日 03:02
>居残りさん
そうですね地方によってはチップ材確保がかなり困難な所もあるようですね
最終手段は小型破砕機を用意し自家製チップを製造しちゃいますか!
Posted by カワサン at 2006年10月05日 06:18
小型破砕機でも結構するのかな?すぐ壊れちゃい
そうですね。
東京競馬場の剪定してる会社を知ってるので剪定枝
をどうしてるか聞いてみます。でも産廃で出しちゃ
うのかな?と思っています。
Posted by 居残り at 2006年10月05日 22:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック