2013年09月10日

枯れる

植えつけてから10年がたち
3.4年前から突然 葉の成長が悪くなりシュートが出なくなる樹が出てきた
田んぼに植えたジャージーがまず最初に枯れ 根の状態を見ると
細根根が全然発育せず 水はけの悪さかなと考えその改造に取り組んだが
今まで改善の兆候は見えず その隣のディクシーも調子がおかしくなてきている

今日の画像は畑に盛り土を2m位した畑に植えたアーリーブルーの状態で
これも3年前からやはり突然かれだして 
1.JPG
 
今年はついに抜く決断を
抜いて見るとやはり同じ現象で細根根が発育していない 

2.JPG

この場所の水はけの悪さは考えずらいが 埋め土に使用された土が
もしかしたらヘドロ状の物か 又はなにか一部に有害物が含まれていたのかも?しれない。
良い成長をしていた樹が 突然枯れてしまうショックは多きく残念だが
その原因を突き止める事ができず これからもこの現象を受け入れながら植え替えて
いくしかないのかもしれない。

ブルーベリーはなかなかデリケート果樹だなと思う今日この頃です。


posted by カワサン at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 作業日誌(2013年) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック