2019年11月12日

初冠雪

千曲川決壊という甚大な被害に見舞われた19号台風から今日11月12日は丁度一か月
午前中雲の切れ目から妙高山が雪を頂き姿を現した。

1ブログ用.jpg

ブログ用2.jpg

今年は平年からほぼ一か月 昨年より13日遅い初冠雪とのこと
今年の紅葉は例年より残念ながら見劣りが (10月は日照時間が短かかった)
 
遅いとはいえ信州の冬はもうそこに
復旧 復興はまだまだこれから これからは寒さとの闘いも
一刻も早く通常の生活に戻れるよう 願うばかりです。

園はこれから雪が積もるまでに 雪囲いという大変な作業が待ち受けています。
これがなかったら ブルーベリー栽培も楽しいのですが ・・・
このハンデは様々な影響をもたらします。
posted by カワサン at 20:56| Comment(2) | 作業日誌(2019年) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
長野も今回はたいへんでしたね。被害にあわれた皆さんもそうですが、果実栽培の方の一日も早い復興を願っています。
自分、趣味と少し仕事を兼ねブルーベリーを地植えと鉢で育てています。2020年1月開催の東京農工大のブルーベリー研究会の受講票が今週届きました。講師の一人は長野で果実、特にブルーベリーに携わってきた元長野県果樹試験場場長の小池洋男さんです。長野県はブルーベリーでは今や国内有数の産地とのことで一度見学に行ってみたいです。
Posted by 多摩の植木屋 at 2019年11月15日 07:44


>多摩の植木屋さん

返信遅れて大変申し訳ありません。
小池先生の講習を受けるとのこと 大変すばらしい話が聞けると思います。

先生は信濃町栽培研究会の顧問も引き受けてくださり 
剪定講習会 目揃い会等 毎年熱心にに指導くださり
勉強させていただいております。

機会がありましたら 長野にお出でください。
Posted by カワサン at 2019年11月22日 20:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: