2007年10月01日

2次伸長

20071001.jpg

9月はここ信濃町でも毎日30度前後の猛烈な残暑の本年
ここ2、3日ようやく涼しくなってきました。

酷暑の中で雑草との悪戦苦闘の日々でしたが、
雑草を抜きながらブルーベリーをゆっくり観察する事ができました。

まず第一に根は地表数cmの所が旺盛なる伸びをすること。
第二に春の第1次伸長の時期元気の良いシュートは2次伸長も驚異的な伸び方をすることです。
この2つのことから、いかにバークマルチが必要で効果があるか、
一次伸長の時の摘心の位置(高さ)が重要か、参考書に記載されてはいたが改めて知ることができました。

摘心は現在はできませんので来年の課題とし、今後一ヶ月ほどかけて園内全てチップの敷き込みをすることに。

画像は2次伸長までにシュートが2m以上の伸びで摘心の位置が高すぎる失敗例とバークチップの敷き込みの様子


ランキング参加中!応援よろしくです♪
posted by カワサン at 13:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 作業日誌(2007年) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック